FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学再編とミートソース

1月4日は月曜日ということで、多くの研究者が戻ってきました。
それで久しぶりに人と一緒に昼食を食べたのですが、その時に聞いたことによると2010年1月1日より僕の所属している大学が合併により大きくなり、名前も変わったということです。

The Universities of Joensuu and Kuopio will merge to constitute the University of Eastern Finland as of the beginning of 2010.

University of Joensuu -> University of Eastern Finland
フィンランド語で書くと
Joensuun yliopisto -> Itä-Suomen yliopisto

2つの大学がくっついて、フィンランドでも最大級の大学の1つになったそうです。
「ほら見て、旗も変わったんだよ。でも、実際はほとんど何も変わらないけど」とかなんとか。

日本と同じような大学再編の波がフィンランドにも押し寄せているのかどうか、その辺りのことはまったく分かりませんでしたが。

ただし、おそらく大学の位置づけ(地域コミュニティにおける役割や文化として大学)は日本とだいぶ違う気がします。より街に溶け込んでいるというべきか。時間がないので、このあたりのことはまたおいおい考えていくとします。


今晩は、フィンランド風ビーフストロガノフ「lihakastike」を作ってみました。

この料理名は直訳すると「ミート(liha)・ソース(kastike)」。えらいシンプル。
しかもだいぶイメージ違うなあ。

牛肉だけでは高いので、一口大に切ってあるnaudanlihaとsianlihaのセット(700g!)を購入。この肉セット、実は他の料理用に売られているものです。フィンランドでは、カレリア地方(僕がいる所)の郷土料理である「Karjalanpaisti(カルヤランパイスティ)=カレリア地方のシチュー」をよく作るそうで(大学の食堂でも食べた気がします)、それ用の牛豚肉の切身セットがどーんとスーパーで売られています。

当然作り方を知るわけもないのですが、便利な時代です、こんなサイトがありました。おそらく、フィンランド人と結婚した日本人の方が書いていると思われます。

フィンランド料理の学び方として邪道(?)な気もしないでもないです。が、煮込み時間を大幅に短縮しつつ、学食の味がしっかりできました(笑)

[lihakastike のメモ]
naudanliha 牛肉
sianliha 豚肉
laakerinlahti ローリエ(laakeri)の葉(lahti)
jauho 小麦粉
sipuli 玉ねぎ
peruna ジャガイモ
suola 塩
pippuri コショウ

Paljon kiitoksia! Thank you very much!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

寺西進学教室より

ささたけです。
よしくんと二人でHP見ていました。
あけましておめでとう。
日記楽しみにしています。

よしです。
身体に気をつけてがんばってね。
今年もよろしくお願いします。

No title

> 寺西進学教室

サプライズ!ささたけさんは今京都ですね。久しぶりに京都をゆっくり満喫してますか?今晩はお寺泊でしょうか。コメントありがとう。励みになります!驚きの演出もありがとう。そして、よし君。サプライズの張本人。まさかここに登場してくれるとは思ってもみませんでいした。よし君も頑張って!
プロフィール

salisalix

Author:salisalix
進化・生態学の研究者(ぽすどく)。フィンランドで修行中⇒帰国。現在、トーキョー・キョート・シガをうろうろ

最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Joensuu Now
Click for ヨエンスー, フィンランド Forecast
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。