FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演 + sushi 2

Torstai 21, Tammikuu

昨日は、何とか無事乗り切りました。

講演の方は、まあまあといったところでしょうか。
少し急ぎ足になってしまったかなーというのが反省点。
時間的には丁度くらいだったので、内容を詰め込みすぎたかもしれません。

原稿を読もうかとも迷いましたが、せっかくなので一切無しで。
「ブロークン・イングリッシュだけど、ごめんね☆」と始めさせてもらいました。
最後だけは、Paljon kiitoksiaとフィン語で。
今後のディスカッションにはうまくつながりそうなので、それは良かったと思います。


そして、懸案のすしパーティ。

有難いことに、米、すし酢、のり、梅干し等を実家から送ってもらえたので、それを使いました。

コーヒールームでお昼に7合の米を鍋で炊き、そのまますぐにすし飯を作成。
米の混ぜ方などはこちらのブログを参照しました。
寿司屋のおかみさん小話

P1200026_convert_20100122040607.jpg

すし酢が少し足りなかったかもしれないのですが、概ねうまくできたと言えるでしょう。


パーティは五時から大学のコーヒールームで。参加者は10人強。
生で魚を食べる習慣が無い中で、魚好きなチャレンジャーな人たちが恐る恐るやってきました。中には子連れで来た人も。

手巻き寿司にしました。
(手巻きは面倒だから、ちらしにしたら?というアドバイスもあったのですが、何人も来るパーティということなので手巻きの方が楽しかろうと判断)

ネタは、
サーモン、パイク・パーチ、アジに似た海の魚、イクラ
キュウリ、レタス、卵焼き、梅干し

魚のセッティングはHeikkiの昔馴染という地元の漁師の方が来てやってくれました。

「これがホームメイドスタイルの寿司なんだ」「こうやって巻いて食べるんだ」と偉そうに説明し、あとは各々にやってもらいました。巻き寿司やにぎり寿司のことは知っている人もいますが、手巻きはさすがに誰も知りません。
(冷凍の中国製寿司は、こちらのスーパーでも売られています。)

手軽な上、ネタを好きなように自由に選んで食べられるというのが、手巻きずしならではの醍醐味。
それぞれの人が好きなように巻いて結構な量を食べていたので、その醍醐味も楽しんでもらえたように思います。「とっても practicalな食べ方」だとも喜んでましたね。practicalという言い方がなんだか面白かったです。

何年か前に日本に滞在したことのあるHeikkiが、こんなものまで用意。

P1210027_convert_20100122042539.jpg
※パーティ中は写真を撮り忘れました・・・。


終了後は、またもやバーへ繰り出しました。
パーティ中も十分たくさんビールを飲んだのですがね。

やはりバーでは、つまみ無し、延々ビールのみ。
ベルギー、オランダ、ドイツ、ロシア、、、いろいろなビールを飲ませてもらいました。味が濃く、バリエーションがとても豊富なので、味そのものを楽しむんでしょうね。彼らも飲み合いをして楽しんでいましたよ。のど越しとかを楽しむのではないのでしょう。ギネスビールも飲みましたが、それが薄く感じるくらいのものもたくさんあります。そういえば、東郷平八郎の絵が書いてある古いビール瓶を店で見せて貰いました。歴史上の有名なコマンダー達の肖像が書かれたシリーズがあったらしいです。

カウンターで一杯もらうごとに支払うのですが、みなが次々に頼みに行っては全員の分をもってきてくれるので、僕は一切お金を払うことなく・・・。

さらに店を変え、またまたビール。どんだけ好きなんだ!

日本酒であれば、一晩に二人で二升空ける、なんてことも何度かあります。が、一晩でビールだけをこんなに飲んだことはない、というくらいビールを飲みましたね。かなり酔っぱらっての深夜帰宅、バタンキューでした・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいねぇ、生の魚を買ってきて自分で三枚におろし、刺身用のサクを作って手巻き用の具を用意したのお?!! Unbelievable!!
そしてお疲れさまでした。皆さん、パクパクということですが、中にはお寿司のファンという人もいるのかな、イギリスでもお寿司が大好物なんだけど、高くてあまり食べられないという声を聞いたよ。
売れ筋の具はなんだったんだろう?

おいしそ~

大したものですね~~

帰国したら 腕前見せて貰わなくっちゃ (*^^)v

でもビールだけで それだけ楽しむ人たちってどんな人?
って思っちゃうよね!
トイレに 走ってばかりになりそうで 恐い~~~

でも上手く 海のものも手に入って良かったですね
おっと 講演も上手く出来たようで 重ねて良かったー

お疲れさま★

考えただけでも、いろんな不安があるなかで
全部こなせたのってすごいと思う!!尊敬します。

講演前に、お米を炊くとか、しんどすぎる!!!!

でも、いろんな人がそうやって集まってきてくれるって
嬉しいよね。温かいメンバーがたくさんいてよかった★

ビールの味が違うから、あれもこれもってなるのは
わかるかも。でも、サリ介さんがかなり酔っぱらうくらいに飲むって、本当にすごい量だったんだよね。

それこそ、Anさん曰く、「ビールだけで それだけ楽しむ人たちってどんな人? 」だし、「トイレに 走ってばかりになりそうで 恐い~~~ 」ですじゃ。

「イギリスではお寿司の人気が高い by momo-san」ってのは知らなかった~。でも、さすがに納豆巻とかは駄目だろうねぇ。ヘイッキさんがお寿司が好きだと聞いて、意外!!と驚いてしまったけど、案外、人気あるもんなのかもねぇ。

おっと、君の手巻き寿司、食べさせてもらったことないなぁ。腕前見せてもらわなくっちゃv-91

すごい!

原稿なしの45分Englishプレゼンに、手製の手巻き寿司!?
すごいねぇ!!いつの間にか遠い人だな~。

フィンランドの人々はビールっ腹というものにはならないのかしら?
つまみなしだとそんなに太らないのかな。

先日、海苔の産地有明海でビールを飲みながら焼カキを食べました。そういえば貝類は食べるの?すでに話題に出てたらごめんね。

No title

> momo さん

いやいや、今回はすでに三枚におろしてある魚を買ってきたんで。

寿司や生魚が全く初めての人も多かったけれど、アメリカで食べたことあるという人もいました。彼はバークレーでポスドクをしていたことがあるらしいです。カリフォルニア巻というアボガド入りの有名なやつだけじゃなく、フィラデルフィア巻というチーズ入りのものも食べたことがあるらしい。

そもそもHeikkiは日本で寿司を食べたことがあって、それで是非!というリクエストで彼が主催した感じでした。実は彼とはオーストラリアでも一緒に寿司屋に行ったんです。そのときはあまりに値段が高くて彼はショックを受けてましたね。

一番の売れ筋はサーモンだったけど、それは皿の並び順のせいだね~という冗談も出てたねえ。梅干しをつぶしたものとか、キュウリとかも含めてみんな好きなようにいろいろ試してました!

> An さん

帰国したら手巻き寿司やりましょう~
やっぱり魚は日本の食材が良いですよ。こちらではそんなに種類がないですし、どうしても鮮度が落ちますしね。

ビールの時も不思議にみんなトイレにそんな行っていなかったような気がします。僕が一番行っていたような(笑)

> みつを
> サリ介さんがかなり酔っぱらうくらいに飲むって、本当にすごい量だったんだよね。

そうなんだよね(笑)
ビールの銘柄によって、グラスの形もわざわざ違ったりするんだよ~

そういえば納豆は売っているのかな?

> おっと、君の手巻き寿司、食べさせてもらったことないなぁ。

そうだね。カツオのたたきの思い出があるけどね(笑)
今度作らないといけませんなあ!!

> momonoane

いや~そんな風にに言われると本当に恥ずかしい(笑)全然レベル低いよ☆ブロークンブロークンです。できないなりに何とかやっているだけだし、研究以外の英会話となるともうへぼへぼ。

ビール腹かどうかはともかく、年齢が高くなっていく時の太り方がアジア人とはだいぶ違うようです。若い人はすらっとしている人も多いし、そんなに違いを感じないけれども、中年以降となると本当に体が分厚くてクマのような人が。

焼カキいいねえ。有明かあ。北海道の厚岸や仙台で食べた焼カキはおいしかったな。貝類はこちらで一度も食べたことないな。パックのカキ(生カキではないと思う)はスーパーで見かけたけれどもちょっと食べる勇気が出ません。昔オーストラリアで缶詰めのカキを買って料理したことがあるのだけど、全然おいしくなくてね。
プロフィール

salisalix

Author:salisalix
進化・生態学の研究者(ぽすどく)。フィンランドで修行中⇒帰国。現在、トーキョー・キョート・シガをうろうろ

最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Joensuu Now
Click for ヨエンスー, フィンランド Forecast
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。