スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alko: フィンランドの酒屋

フィンランドには、国営の酒類専売公社「Alko」があります。

Alko_logo.pngAlko website

ライトビール(日本のビールとほぼ同じようなもの)はスーパーやキオスクでどこでも売っていますが、それ以外の酒を買うとなるとAlkoに行くほかありません。

一見不便なようですが、必ずしも地元の人には不評ではないようです。その理由の一つは、豊富な品ぞろえでしょう。ここにいけば、世界中の酒を買えるという言っても過言ではないくらいです。ワインにしても、日本の一般的な量販店と比べれば豊富な産地・銘柄が並んでいる気がします。日本酒もキリン一番搾りも売っていました。もちろん、蒸留酒もいろいろ置いています。そんなに一つの店舗サイズは大きくないのですが。

これは国営公社ならではかもしれませんね。一私企業にはここまでできないでしょう。国営公社といえば、均質で多様性の無い商品というイメージがありますが、必ずしもそうなるわけではないということを知りました。Jukiさんも「これは良いシステムだ」と言ってましたね。そういえば彼の家では、いろいろな酒を飲ませて貰いました。ワインに始まり、ビール、ブランデー、それにラトビアの酒(名前忘れた!薬みたいな味!)。つまみには、夫婦が採集したキノコを細かく切って乾燥させたもの。


日曜の晩に一仕事が一旦目途がたったので、今日はAlkoへ。ワインを買おうと思っていたのですが、何となく気分が変わりベルギービール特集でいくことに。

P2020065_convert_20100202054620.jpg P2020067_convert_20100202054647.jpg
どちらもレッドビールという分類になるのかな。

まず飲んだのが左の「Grottenbier」
これがめちゃくちゃおいしくて大感激で大興奮!香り豊かで味わい深くて・・・う~ん、味や香りの表現は僕にはできません。

次の「Chimay」
こちらは「G~」に比べるとほんの少し香りが弱く苦味が強い感じ。飲みながらラベルを眺めていると、トラピストビールという文字が。そして、このビールは修道会の管理下で、実際の修道院の建物の中で醸造されていると。ワインを盗み飲みする修道士を描いた中世絵画を思い出して興奮。中世絵画って面白いですよね。宗教の歴史的背景から見ても興味深いし、あの無表情な平面的表現にも興味をそそられます。能面の世界にも通じる気がするんですよね。能面もかなり面白い世界だと思ってます。

かなり脱線しましたが、このビールのラベルには続きがあって、主な収益は修道僧の慈善活動のサポートにあてられると。ほー。

ベルギービールにはものすごいヴァリエーションがあるそうですが、銘柄によってグラスの形が決まっているという話を以前バーで聞きました。また、燻製のような香り(もちろん良い香り)のビールなどもありましたねー。

これは、かなりはまってしまうかもしれません。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

美味しいのかな?

珍しさも手伝って 買ったけどまずかった!って言うのはよくありますが
正解だと 嬉しいものですね!
私は 以前カボチャアイスなるものを 生協で購入し家族みんなに
嫌われた事があります
結局 私一人で食べる羽目になったのですが・・・
そんなに不味くもなかったのですがね (*_*)
サリサリさんは 一人だから冒険できていいなあ・・・

No title

そうそう。Anさんのコメントを見て、恐ろしいカボチャアイスの記憶がよみがえりましたv-8キャロットアイスっていうのも食べた気が・・・v-12。でも、まずいときは最悪だけど、Anさんのようなチャレンジャーと一緒にいると、いろんな体験ができるから楽しいんだよねv-10
まずいのにも懲りず(カボチャアイスとか・・・しつこいって!?)新しいものに挑戦するのも、そういう喜びがあるからだよね。サリ介さんは、日本でも目新しいものにいろいろ挑戦していたよね。「う~まずい!」という声もよく聞いたけど、何でも挑戦してる姿を見ると、私も!ってなるよ。

No title

> An さん

カボチャアイスの伝説・・・。有名ですね。僕は食べることも飲むことも好きなんで、ついつい冒険してしまいます(でも、「カボチャ系」には手が伸びません!)。「ラムネ」と「うどん」に絶対的な忠義を誓っている人とは大違いで(笑)悪く言えば、飲食に関してはかなり気分重視です。新しいものに飛びつくというわけでもないんですがね。ブログ拝見しました~リンクに入れておきま~す。

> ちょっち~

「ラムネ」と「うどん」に絶対的な忠義を誓っている、「ちょっち~」こと「みつを」さんの登場だね!確かに、料理店でもちょくちょくチャレンジしては、失敗している姿を晒しているね(笑)
プロフィール

salisalix

Author:salisalix
進化・生態学の研究者(ぽすどく)。フィンランドで修行中⇒帰国。現在、トーキョー・キョート・シガをうろうろ

最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Joensuu Now
Click for ヨエンスー, フィンランド Forecast
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。