FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強行 ヘルシンキ/エストニア 1/3日目

ふうぅ。無事帰ってきました~。ヨエンスーは静かで落ち着くなぁ。
以下、大量の写真から厳選(?)して、ヘルシンキ&エストニアの旅の記録(1日目)。

Sunnuntai, Helmikuu 28

9:14発の特急でヨエンスーからヘルシンキへ向かう。
予約はしていない。窓口で当日券を購入。

車中はかなり混んでいた。日曜日だからか?
このときはテンション高かった。食堂車でコーヒーとサンドイッチ。
プリントアウトした論文を読みながら、次の論文の草稿書き。
13:30過ぎ ヘルシンキ中央駅着。

実はヘルシンキ中央駅に来るのは初めてだったりする。ここはヘルシンキ-ヴァンタ-空港の最寄り駅ではないからだ。
駅前でフィンランドに来て以来初のマクドナルド体験で昼食。
「Big Bacon」なるセットを頼む。めちゃでかい。キャベツも多め。ハンバーガーの箱にすでに大量のキャベツがこぼれている。それにしても、さすが首都。人も車も多い。といっても、ヨエンスーと比べて、ということなのだが。

ヘルシンキはあいにく雨のような雪。しかも、ヨエンスーと違って歩道の雪が溶けはじめている。よって、かなりべちゃべちゃなところも多かった。観光日和とは言えないが、おかげで観光客はいない。バックパックかついで歩いているのは僕しかいない。

とりあえず、ヘルシンキのランドマーク、ヘルシンキ大聖堂へ。
正面の元老院広場は雪だらけ。広場にはロシア皇帝アレクサンドルII世の立像。
大階段はほとんど雪で埋もれるが、だれかがいたずらで「クエスチョン・マーク」に雪かきをしたらしい。
P2280116_convert_20100303040455.jpg
大聖堂のすぐ正面にカップルがいた。やおら、男性がひざまずき、女性に手をさしのべる。おおお、これはまさにプロポーズ!?その後二人は抱きしめ合う。さらに、ビニル袋から取り出した2つのグラスにシャンパン(?)を注いで乾杯。プロポーズ作戦大成功、おめでとう。撮影したくてうずうずしたが申し訳ないので、横目でチラチラ見るのみ。

大聖堂の中は静寂の世界。簡素な内装だが空間は大きく、一瞬で荘厳な気持ちになる。お祈りしている人ももちろんいる。
バックには大きなパイプオルガンも。
P2280106_convert_20100303041250.jpg
※フラッシュはもちろんたいていない。

フィンランド料理のレストラン「サボッタ」。さぼっちゃったのか・・・。
P2280118_convert_20100303042120.jpg

大聖堂から外れてこんな道を通ったりしつつ、
P2280120_convert_20100303042715.jpg

エスプラナーディ公園の端に建つ「バルト海の乙女像」へ。
P2280123_convert_20100303043051.jpg
右側の建物はツーリストインフォメーション。かなり充実していて中もすごくオシャレ。日本語のガイドブックもおいてあった。

そこから反対を見ると、ロシア正教のウスペンスキー寺院が見えたので目指すことにする。
P2280125_convert_20100303043351.jpg
※実際に行ってみたら、すでに閉館だった。開館時間は午後3時まで(3日目には入館できた)。

「バルト海~」の建つ場所は、フィンランド湾に面した港のすぐそばである。
P2280129_convert_20100303043932.jpg
凍結した港。シリヤ・ラインの大きなフェリーが見える。ストックホルムに行く船(冬季も運航中)。
この港に面した場所は、夏はマーケット広場になるはず。今はそんな影は無い。

ウスペンスキー寺院の高台から臨む。
P2280143_convert_20100303044359.jpg

その後、街を眺めながらひたすらに歩く。すごく面白い。
・・・でも、それと同時に猛烈に切なくなって、かなり凹んだ気分に襲われた。この旅は当初、連れ合いが遊びに来た時に一緒に来ようと思っていた。しかし、忙し過ぎて彼女は1日たりとも来られなかった。瞬間瞬間を彼女と共有できたらどんなにか楽しかろうと思えるような場所が多すぎて、ヨエンスーで仕事をしている時よりもずっと大きな寂寥感が・・・。大人しくヨエンスーにいれば良かったかも、と後悔の念すら感じたり。

そんな切なさの中、旅は続く。
おしゃれな外観のレストラン。エスプラナーディ公園
P2280154_convert_20100303050215.jpg

もはや何通りか分からない。位置関係をイメージしながら適当に小道を行く。
P2280157_convert_20100303050446.jpg

P2280160_convert_20100303050557.jpg

小さな古書店。窓越しに中が見える。本が積んである上に、木彫りの人形が。こういうセンスの良い遊び心が好きだ。
P2280164_convert_20100303050859.jpg
※残念ながら、ほとんどの店が日曜日は休みであった(夏は日も開けるらしい)。

Johanneksen kirrkoに出くわす。「聖ヨハネ教会」というところか。kirrko(キルッコ)は教会。「地球の歩き方」には載っていないが、高い2本の尖塔を持つかなり立派な聖堂。
P2280175_convert_20100303051531.jpg

別の古書店。楽しそう。
P2280180_convert_20100303052110.jpg

重厚な建物の中にある・・・「コンビニ」。
P2280166_convert_20100303052459.jpg

街を走る路面電車(トラム)。多くの道路が石舗装。
P3010186_convert_20100303052904.jpg

国立現代美術館キアズマの横に建つマンネルヘイムの像。散歩中の老人が立ち止まってしばし眺めたり。
P3010189_convert_20100303054028.jpg
向こうに見えているのは国会議事堂Eduskuntataloの一部。あまり良い角度で撮れてないが。

この日はホテル「HELKA」に宿泊。これはある海外サイトを探して前晩にオンライン予約した。60€。この近辺ではもっとも安かった。オプション無しの朝食つき。
P3010192_convert_20100303054909.jpg
フィンランドデザインの父と呼ばれる「アルヴァ・アアルト」のスツールやアームチェアが配されている。電球一つとっても、何かとしゃれている。そんなことはつゆ知らず値段だけで予約したのだが、「地球の歩き方(2009)」にはヘルシンキのデザインホテルの一つとして紹介されていることをこの日の夜知った。載っている値段とはだいぶ隔たりがある(シングルで冬は136€!と書いてある)。

2日目はエストニアを目指す。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

行きたかったなぁ・・・ぶぅ

ほんとだ~アムステルダム駅付近を彷彿とさせる景色があるねぇv-12思わずふらりと立ち寄りたくなる店や建物がたくさんあるんだねぇv-238サボッタ店は、かもめ食堂に出てくる街の雰囲気を思い出すような感じだぁ!

ウスペンスキー寺院の高台から臨んだ写真、最初は白いとこは道かと思ってたんだけど、よく見たら港!?だよね・・・・水面いったいが真っ白だよ~~~!!!寒そう!!!湯たんぽ湯たんぽ・・・・

ホテルの照明は、氷のキューブをイメージしてるんだろうか?実際見ても、氷っぽいのかな?個人的に、箱っぽくって好きだなぁ・・・v-10

No title

おかえりv-222無事に帰ってこれて一安心だv-208僕は配管工の仕事が忙しいうえ、肩の痛みがひどくてねぇ。パート2期待してるよ

No title

かもめ食堂に出てくると言う本屋には3日目に行ったよん。そう、水面が真っ白。でもあったかいよ。だって0℃くらいだしね!
プロフィール

salisalix

Author:salisalix
進化・生態学の研究者(ぽすどく)。フィンランドで修行中⇒帰国。現在、トーキョー・キョート・シガをうろうろ

最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Joensuu Now
Click for ヨエンスー, フィンランド Forecast
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。