スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ / Gran Torino

グラン・トリノ / Gran Torino
クリント・イーストウッド監督・主演映画。2009年公開作品。

去年のGWに公開だったんですね。かなり評判だったので、観た人も多いでしょう。
なので今更ですが、このGW中にようやく観ることができたので感想を少し。

イーストウッドが良い演技を見せています。俳優業はこの映画で最後かもしれないとか。
傑作とは思いませんが、間違いなく良作です。シンプルな話の作りですが重厚。

「草の根右翼」とも言われるイーストウッドの思想。
「右翼」と言っても、劇中で主人公の言葉に表れる人種蔑視的なセリフを指しているわけではありません。もちろん、あえてそういう主人公を造形した上で、結局主人公は「クソ白人」ではなく、マイノリティのモン族青年に自分の理想を託すわけで。ちなみに、彼はイラク戦争に対していち早く異議を唱えてもいます。つまりは、「草の根右翼」とは「ダーティハリー」ということです。

そういうリバタリアンなイーストウッド作品というのは、僕にとっては共感できるところもあれば、できないところもある、という感じになるんですね。「ミリオンダラー・ベイビー」の結末なんかは、やっぱり共感できませんでした。

けれども、クリント・イーストウッドが凄いと思うのは、根が一貫していながら、常に、自己省察を行い、新しい問題に果敢に取り組んでは前進し、見ごたえのある作品を世に送り出している所ですね。この作品を観て、そう感じました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

salisalix

Author:salisalix
進化・生態学の研究者(ぽすどく)。フィンランドで修行中⇒帰国。現在、トーキョー・キョート・シガをうろうろ

最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Joensuu Now
Click for ヨエンスー, フィンランド Forecast
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。