スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキサス、オースティン、映画で見たようなモーテル

テキサスはオースティンに到着。初めてのアメリカ南部。テキサスと言えば、ブッシュ前大統領の出身地。イラク戦争時に「同じテキサス出身で恥ずかしい」みたいな発言をして大弾圧された「ディクシー・チックス」という女性3人組バンドが思い浮かぶ。


気温は連日40度を超えている。日差しがかなり強く、太陽の強い照り返しを感じる。でも湿度はかなり低い。だから、日本でのフィールドワークと比べればそんなにひどく暑いと感じない。そして空調で建物内は寒い。映画や小説で出てくるようないかにもなモーテルの部屋に帰ってくると、清掃をした人が忘れているかわざわざなのかで空調がつけっぱなしになっている。それも僕が設定している温度より圧倒的な低温にされてガンガンに冷やされている。

前から感じているのだが、欧米人のなかには、かなりの割合で(日本人に比べて)体感がセンシティブじゃない人たちがいるように思う。寒いなかで平然と泳いでいたり、真冬に裸で飛び出したり、ガンガンに空調をかけたり。当然、誰もがということではなくて、でも、オーストラリアでもフィンランドでもアメリカでも見ている光景。


ここでの自分の発表は終了。結局、準備不足で前の日は徹夜。葉を巻いてハマキをつくるガの生態系エンジニア(生物が物理的環境を改変することによって、さまざまな他の生物にとっての新しい生息環境を作り出したり好適なものに改変したりすること)の研究などで有名な ぼぶ・まるきうす が会場にいた。セッション終了後に彼がわざわざ質問と感想を言いに来てくれたのはとても嬉しかった。ついでに、知り合いの まるく・じょんそん のラボで院生をやっているという なっしゅ君 にも話しかけられて歓談。彼はよくしゃべるし、よく質問する。徹夜のせいにしておくが、そのテンポとテンションについていけない。殺虫剤(エクスクロージャーでした)で食害を除去し続けたら、野生の植物が急速に進化した、という話をするらしいので木曜日に聴きにいくことにした。


オースティンにはいろいろなところにいろいろな色の牛がいる。さすがテキサス(?)
P8100501_convert_20110810141427.jpg

次々と査読関係の業務が。今日一つ完了したが、あと二つある。いつやろうか。今回の世界一周中にやってしまいたいことがいくつかあるのだが。


到着した日に届いたショックな報せ。どうやら最悪の事態は免れたようで良かった。まだ余段を許さないが、無事回復されることを心から祈っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

salisalix

Author:salisalix
進化・生態学の研究者(ぽすどく)。フィンランドで修行中⇒帰国。現在、トーキョー・キョート・シガをうろうろ

最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Joensuu Now
Click for ヨエンスー, フィンランド Forecast
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。